オリンパス E-5(その1)


2011年秋、オリンパスに粉飾決算疑惑発生!!フォーサーズが消滅する前にフラッグシップをアマゾンでぽちってしまいました。ついでに50-200SWDも導入、預金残高が・・・。

  

ついに購入!!

 E-3の時はキタムラで現物をみて触って試写してみて「でかすぎ!!」ということで購入に至りませんでしたが、その後オリンパスはマイクロフォーサーズに重心を移してしましい、E-5をはじめとしたフォーサーズ機はカメラ屋には全く展示もされない状態となってしまった・・。でも価格コムやユーザーサイトの評価を読んだりしているうちに、どうしても手持ちのフォーサーズレンズの実力を発揮できるボディーが欲しくなり、現物も見ずに買ってしまいました。
 アマゾン速いですね!!注文からわずか2日後に現物到着。
14-54レンズを装着。
レンズが小さく見えます。
パネルと操作部
E-1と同様、ボタンごとに機能がわりあてられています。
ファインダー周りと液晶パネル。
おなじみ「スーパーコンパネ」、液晶は反転して隠すことができます。
50-200レンズ装着。
うーん、キヤノンの100-400よりは小さいか。

特徴 しっかりした作り、頑丈、高品位
いいと思うところ
  • グリップが手にフィットします。つかみやすく重さを感じません。
  • E-1と比較すると大きなファインダー。40Dと同じくらいかもしれません。
  • フラッシュ内蔵。
  • カード2枚差し(CF,SD)ができる。
  • 手ぶれ補正つき。
  • アートフィルターのドラマッチクトーンは思いもよらぬ効果が得られます。
  • 簡単にハイビジョンムービーが撮れる。
  • 防塵防滴で悪天候時も安心。
あれ?と思うところ
  • スイッチオン・オフで「ガガガガ」と振動が。ちょっとびっくり。
  • 設定項目が思いのほか多くあり、すべてを使いこなせない。
  • 暗い所や動き物は苦手みたい。室内(バスケ)はピンボケ量産。
  • 後継機種は出そうにない・・・予感。
普段使いの「常用」カメラとなるか?

もどる