オリンパス E-1(その1)


2003年10月12日。高知市へ出張のため出かけましたが、時間があったので「オリンパスのE-1も販売を開始したし、冷やかしにいってみるか」と、カメラのキタムラ堺町店へ。これまでも幾度となくキタムラへよっては、E-1のデモ機や*istD、10DやkissDをガラス越しに眺めていましたが、この日に限って「見せてください」とお願いしたのがことの始まりとなりました。数十分後、私はE-1とDigitalZUIKO14-54の入った手提げ袋を手に店を出ることに・・・。ああ、また衝動買い。

  

ついに購入!!

 ちなみにkissDはあまりにも安っぽいので却下(安物買いの銭失いはもういやだ)。*istDはペンタックス派でもレンズを持っているわけでもなく、ペンタを使ったこともないので見送り。D100は古くなっているのでパス。E-1とEOS10Dを手に取って比較してみました。

標準レンズ(35mm相当画角28-105or28-80)とした場合、
大きさ  10D>E-1
価格   E-1≒10D(レンズによっては10D>E-1)
操作感  E-1>10D(E-10慣れしているせい?)
質感   E-1≒10D(ともにボディはダイカスト製)

 キヤノンのEOS-EFレンズも多少は持っているけど、安物だし広角側が不足するのでどうせレンズも買うようになる。10Dは広角側28mmからのレンズを考えた場合、純正ではEF17-40か16-35、シグマ製なら15-30か17-35となりますが、これらのレンズはかなり大きく重たいです。また、EFならお値段もけっこうなものになります。レリースのショックもミラーが小さいE-1の方がはるかに小さいし、なによりキヤノンはモデルチェンジが速すぎるので後悔することになりかねない。E-1はオリンパスの旗艦機でもあり、作りは相当気合いが入っている・・・それならデジタル専用設計のE-1にしよう、ということで、E-1にしてしまいました。

店頭でのE-1操作インプレ

あまりにもE-1が快適に使えるので、迷いが吹っ切れてしまいました。

本日のお会計

本体 オリンパスE-1
レンズ ズイコーデジタル14-54
フィルター ケンコーL41
メモリーカード ハギワラHPC-CF512V

迷いと共に財形貯蓄もふっとびました・・・・。


本体と添付品

本体
ストラップ
リチウムイオン電池パック
同 充電器
USBケーブル
IEEE1394ケーブル
CD-ROM×2
説明書

レンズと添付品(14-54 F2.8-3.5)

レンズ本体
レンズケース
キャップ
フード
説明書

E-1(その2)へ