キヤノン EOS100P(その1)


 職場の皆さんから結婚祝いにいただいた、初めてのAF一眼レフカメラ。
それまで一眼レフはニコンのMF(FM・FE お仕事で)機しか使ったことがなかったので、「絞りリングがない」とか、「プラスチックやなー」とか、「電池がないとうごかんなー」とか、「でもAFは楽やなー」と思いながら、新婚旅行に始まり、子供の記録、スイス研修旅行などいろいろな場面で活用してきたカメラです。当時は「パノラマ」なるモードが大流行だったようですが、この機能だけは使ったことがありません(だって・・・ご存じのとおりトリミングですもんね)。しばらくほったらかしにしていたけど今頃になって取説を読み返し「おお、こんな機能もあったのね」と驚いています。
 残念ながらシャッター幕不調により、使用開始後10年で「さようなら」となりました。

 


その2へ