キヤノン EOS 20D(その1)


 慌ただしかった04年も終わりにさしかかり、ほっと一息ついて中村市のキタムラまで出かけてみました。というのは、以前キヤノンEOS10Dが在庫処分で格安の値札が付いていたような気がしたからです。ついでにE-300も見に行こうか。
 しかし、なぜかお店から出るときには10DでもE-300でもなく、20Dの入った袋を持っていたのでした。

 12月26日(日曜日)、午前の仕事を終え、そのまま中村市のキタムラへ向かう。そのまま店内左奥のデジタル一眼レフコーナーへまっしぐら。確か、この前まで10Dがあったはずなのに・・・ない。代わりに20D+17-85ISレンズ付きが展示されている。あれ?売れたのか?
仕方なく、店員さんにE-300(14-45付)を見せてもらうことに。
E-300の感想
しばし悩む。
でも、Eシステムのボディばかりそろえても仕方ないので今回はパス。E-300の隣にはα-7Dや*istDsもあったが、ミノルタやペンタックスはレンズを持っていないので却下。D70とKissDもシグマのダブルズームセット10万円程度で売っていたけど、パス。

店員さんに聞いてみました。
わたし「キヤノン10Dの展示処分品ありましたよね?」
店員「県内の他の店舗から取り寄せ注文があり、そちらへ送りました。」
わたし「・・・・。」売れたのね。
店員「どうしてもというのでしたら、今ならまだ間に合いますが?」
わたし「(しばし思案)・・・参考までにこちらの20Dを見せてください。」
10D展示品は約13万円だったと思うし、今ある20Dはボディのみで169,000円。さほど差はない・・。どうせなら新モデルか・・。スイッチを入れるがつかない(電池がない)。隣のKissDのボディから電池を取って入れる。電源ON。おお、起動が速い!なぜかキヤノンはCFカードなしでもシャッターが下りるようだ。ついでにレスポンスもいい。でもシャッター音が「ガチャン」と情けない・・。どうしよう。
わたし「レンズ付き(17-85IS)だとE-300が3台、ボディだけでも2台買える値段ですね。」
店員「はははは・・そうですね。」
参考までに隣にあったシグマの12-24ズームをつけさせてもらう。さすが超広角、4隅が流れる異様な世界が広がる。
わたし「12-24つけたらいくらになります?」
店員「お待ちください。この値段です。」
って、それは目の前の値札を足し算しただけじゃないか!
わたし「もう少しなんとかなりません?」
店員「少々お待ちください。」店員しばし中座。
店員「ボディは値札のこのお値段が精一杯ですが、レンズは多少おやすくできます。」
しかし、電卓で示された価格は20万円をはるかに超えていたため、しばらく考えて
わたし「・・・20Dのボディーだけください。」
お買い物に要した時間は2時間近くになっており、店を出るときには、もしかして10Dがいつのまに20Dになっていました。

本日のお買い物

本体 キヤノンEOS20D
CFカード サンUltra2 512MB

ついにEOSデジタルを手にすることに!


その2へ