キヤノン EOS kissDigitalX(その1)


 06年9月14日、中村の法務局に私用で出かけたついでにキタムラへ寄ってみました。新しいデジ一眼(ニコンD80、キヤノンkissDX、ペンタックスK100D)がそろっていて、キスデジXはショーケースの外に出ていたこともあり、いろいろさわっている内に衝動買い。
 またやってしまった・・・。

 以前同じキヤノンのEOS20Dを使っていました。カメラとしての出来は申し分ないものでしたが、ガシャガシャうるさいシャッター音と、撮像素子へのゴミ付着がイヤになり売却したのでした。ところが、ついにキヤノンも超音波振動によるアンチダストシステムを装備したkissDXを出したのです。小型・軽量、おまけに1000万画素、USM内蔵EFレンズも当然使える。ちょっと冷やかしに見ていたつもりが小気味よいレスポンスと甲高いシャッター音にやられてしまった。キムタクじゃないけど、「やっぱキヤノンいいわぁ!」てことで、家のローンが始まったばかりなのに、つい翌月一括払いカード決済。
 20Dでは純正デジタル標準ズームを買わなかったので、今回は18-55レンズキットを買いました。
 
 参考までにニコンD80も見せてもらいました。
ニコンD80の感想
さすがにファインダーは見やすいしきびきび動くけれど、今さらニコンへ乗り換える気にもならず、手持ちのEFレンズとCFカードが使えるキヤノンを迷わず選択。

 展示品のkissDXには、タムロン18-200レンズとのセットで11万円程度の値段が付いていたけど、タムロンはズームの回転方向がEFレンズと逆なのです(オリンパスとキヤノンは時計方向でワイド、反対でテレ側。余談ですがレンズ脱着も時計方向で取り付けで同じです)。隣にシグマ18-200(こちらはEFレンズとズーム方向が同じ)を付けたニコンD50を置いていたので、店員さんに聞いてみました。

わたし「kissDXはシグマとのセットはないんですか?」
店員「残念ですが、タムロンとのセットしかありません。」
わたし「どうして?。」
店員「・・・セットですから。どうしてもというのでしたら、別々で購入ならできますけど?セットのお値段にはなりませんが。」
わたし「そんならいいです。」
望遠レンズは中古で買った安物だけど純正EF55-200があるし、運動会ならUSMの純正レンズの方がAFも速いし、やめた!

わたし「標準ズームレンズ付き(18-55)でいいです。」
ちょっとだけ値引きしてもらって、キタムラネット価格より安く買えました。

本日のお買い物

本体 キヤノンEOSkissDX(18-55レンズキット)

再びEOSデジタルを入手!


その2へ