ニコン FM2


 はやり廃りの激しいデジタルの世界にはついて行くのが大変です。ということで、ちょっと前にニコンのマニュアルカメラを買ってしまいました。ニコンと言えばマニュアル、マニュアルでお手軽と言えばFMシリーズです。昔仕事でも使ったことのある、FMシリーズのFM2ブラックを手に入れました。レンズも併せて2本購入。もちろん全て中古品です。

 

 何の用事だったか忘れましたが、高知市へ行ったときに時間つぶしにキタムラ堺町店へ寄ったところ、マニュアルのニコン、それもFM2の黒がおいてあるではないか。お値段もお手頃だったので、ショーケースから出してもらい、ついでに50F1.4のレンズも買ってしまいました。ついでに「サンカメラ」まで行って(ここはニコンをはじめ、中古のカメラ・レンズの品揃えが多いのです)中望遠135F3.5レンズを追加購入。やってしまった・・・。
正面より
MFニコンと言えばカニの爪
Nikonロゴはレトロなやつ。「Nikon」ではない。
別にそんなことにはこだわりませんけど。
フィルム裏蓋を開けたところ。
縦走りフォーカルプレーンシャッターが見えます。
裏蓋は巻き取りノブと、その下のレバーを同時に操作しないと開きません。
いわゆる「フールプルーフ」ですか。

ファインダーは丸窓
135レンズ装着
オリンパスOM-1との比較
FM2が多少大きく、厚みもあります。

特徴 ニコンの小型軽量お手軽マニュアルカメラ、まだまだ現役で使えます。
いいと思うところ
  • ニコンとしては小型軽量、お手軽。
  • 基本性能はしっかりしています。
  • 巻き上げレバーが軽い。かつ、かちっとした感じもある。
  • 基本的に絞り優先。いざとなったら日中はF11の250!
  • ファインダー内はシンプルで見やすい。
  • 1/4000で切れる。
  • ニコンの信頼。銃で撃たれても壊れない?(それはないか)
あれ?と思うところ
  • 厚みのせいで、持ちにくさをやや感じます。
  • ちょっと重いかな。
  • シャッター音が「ガシャン」系です。構造上仕方ないのか。
  • どうしてもなじめない、レンズ取付の逆ねじ、ピント合わせの右インフ。
マニュアルカメラはいいですね。これ以上コレクションが増えないように自重しましょう。