富士フイルム FinepixF10


 コンパクトデジタルで、高感度のものが欲しくなり、3200を下取りにしてF10を購入。ずっしりとした高級感も魅力。

 

ニコン3200は胸ポケットに入れて持ち運びするにはちょうどいい大きさで、よく宴会の写真も撮りましたが、場所によりフラッシュ禁止(とくにスナック系のお店)と言われることがあり、次の機種を探していました(なんという理由だ!!なっとらん(^^;))。FUJIはかつてはオリンパスと並び、デジタルカメラ黎明期の牽引役でした。独自のハニカムCCDも魅力。店頭でさわってみてもサクサク動くし、本当にデジタル物は新しいものに限ります。
フロントビュー
リヤビュー
一般的な操作系
最近のはやりでファインダーは省略
シャッターボタン周り
大きく操作しやすい

特徴 感度ISO1600まで対応、620万画素ハニカムCCD、xDピクチャーカード(^_^;)
いいと思うところ
  • 起動が速い。レンズ繰り出しで1秒かからない。
  • 基本的にAUTOだが、露出補正や測光方式、感度の変更もできる。
  • 専用電池だけど、電池の持ちが異常によい。一回の充電で400枚とれました。
  • 画像再生が速い。拡大可能。
  • もちろん簡易動画撮影機能・音声付き。
  • フジクローム、モノクロ画像モードが「F」ボタンで選べる。
  • 最近珍しいMADE IN JAPAN。金属を多用したボディで丈夫そう。
あれ?と思うところ
  • 暗いところではAFが迷う。補助光が「緑色」で強めです。撮っていてびっくりします。
  • 6Mモードではファイルサイズがさすがに大きい。常用は3Mにしています。
  • メディアを取り出すとき、バッテリーが落ちそうになる(ロックがない)。オリンパスミュー40を見習おう。
  • 絞り、シャッター速度の自由な設定ができない
  • xDカードは、カードリーダーからのデータ転送が遅い!
  • 背面液晶モニタは明るい屋外では見づらい場合あり。ファインダー「も」あればねぇ。
  • ついでに背面液晶モニタの解像度はいまいち。やや荒い気がする。
  • 高感度対応に過度な期待は禁物。さすがに1600は緊急用と割り切るか。
  • ここでもTELE側のマクロ機能に不満あり!
  • これでワイド側がもう少し広角(換算28〜35)ならよかったけどねぇ


マクロ撮影もこのぐらい可能。

マクロ
ワイド側
レンズ先2-3cmまで寄れます

またまた子供のおもちゃになりそうです・・(仕事でも使っております)。


もどる