オリンパス CAMEDIA C-2Zoom


 仕事でデジカメを使っていたら個人的にも欲しくなっていまい、初めて買ったデジタルカメラ。二日酔いの勢い(?)で発売後まもなくベスト電器大洲店で購入。画質は欲を言わなければ可としたものか。
 現在は現場持ち出し用&子供が使用。

 

400、500万画素は当たり前の時代ですが、200万画素コンパクト機でもL版かはがき、もしくは画面上でみる程度ならば十分鑑賞に耐えうる写真が手軽にとれます。
特徴 同社のμシリーズに通じるデザインと簡単操作、3倍光学ズーム
いいと思うところ
  • お手軽に撮影ができる(子供でも簡単に写真が撮れる)。
  • 単三アルカリ電池2本でOK
  • カメディアマスターという便利なソフトがついている。
  • 簡易動画撮影機能(ただし音声なし)
  • 実売28,000〜29,000円のお手頃価格
あれ?と思うところ
  • レンズカバーを開けてから撮影可能になるまでに時間がかかる。
  • シャッターのタイムラグが大きい。
  • 絞り、シャッター速度の自由な設定ができない
  • AFのピントが合わない時がある(MF設定がない)
  • L版以上の紙に印刷すると、アラが出てくる
  • スイッチオンで常にストロボが出てくる状態はいかがなものか。
  • やっばり1/3.2インチCCDはこんなもんかな(画質)。印刷すれば差が歴然。
  • F1.8の明るいレンズがほしい(贅沢かしら?)
  • ついでに5060並の広角レンズもほしい(さらに贅沢かしら?)

もどる