三脚・一脚


マクロ撮影・室内物撮り・夜景の撮影には不可欠の三脚です。
もとはといえば、中学校の同窓会の集合写真を撮るのに三脚がいるかなと思い、安物を購入したのが始まりです。知らぬ間に増えている。

ケンコーの三脚

kenkoの安物三脚。さすが値段(約3,000円)に見合うだけのきゃしゃさです。カメラのキタムラ宇和島店で購入。
  • 軽い。安い。
  • いちおうクイックシューが付いている。
  • パン棒ほかのねじがプラ。締め付けに不安がある。
  • 雲台(といえるのか)の水平が出ない。縦位置でも一緒。
  • 脚をのばすとぐらぐらする。
  • この三脚に一眼レフは荷が重い

一脚(メーカー不詳)

これも安物。一脚でマクロは難しい・・。山登りに使用。カメラのキタムラ土佐道路店で購入。
ストック代わりにはちと太いけど。

ベルボン SuperChaser2

きちんとパン棒が使えて、しっかり水平がでる三脚が欲しくなり、カメラのキタムラ中村店で購入。
  • ちょっと重いけどしっかりしている。
  • パン棒もかちっと締まる。
  • 伸縮はレバー式で簡単操作
  • ローポジションにできないのが残念

SLIK AMT500PRO

パン棒1本では水平が出しにくいときがあるのと、ローポジションにあこがれ、カメラのキタムラ中村店で購入。
  • けっこう重いけどかなりしっかりしている。
  • パン棒もかちっと締まる。
  • 伸縮はレバー式で簡単操作
  • ウレタン付きで寒くても安心
  • エレベーターがないのが残念

もどる