10月17日




ボルフバッハ(暗渠を小川に復旧)

チューリッヒ市内のタウントレイル、近自然工法の見学。スイス最大の都市チューリッヒのなかでも、暗渠とされていた小河川を掘り起こし自然に近い形に復旧したり、湖の周囲のコンクリート護岸を自然石にしたり、埋め立てられる寸前であった堀の再生など、さまざまな取り組みがされている。そのほかにも、五叉路交差点の交差部をつぶして公園にしたり、道路に意識的に縦列駐車帯を左右交互に設置して通過する車両のスピードが出にくいような工夫など、人間に優しい街づくりが行われている。



チューリッヒ湖の護岸

シャンツェングラーベンの堀川

交差点をつぶして公園にした「元道路」

町中の縦列駐車帯

[10月16日][10月18日へ]