マツダ アクセラ セダン15S FF-6MT


 スイフトスポーツも5年で10万キロ近く乗ってしまいました。モデルチェンジもしてしまったし、次の車検まで乗ったら間違いなく15万kmは超えてしまいそう。少しでも値がつくうちに乗り換えた方がいいのかな・・・と考えて、2017年11月に乗り換えてしまった。
 今度の車はレギュラーガソリン、1500CC、しかしセダン、MTという絶滅危惧種ですね。マツダさん、MT残してくれてありがとう。

フロントビュー

セダンタイプの車を所有するのは初めてだ マツダ独特の「鼓動」もとい、「魂動」デザイン
インパネは15C,15Sはスピードメーターが中心にあります。
上位グレードのデジタル表示よりも、こっちの方が見やすいと思います。タコメーターは控えめ。
センターコンソール。MTです。久々です。
マツダコネクトは意外と使いやすい。
エアコンはオートでデュアル。贅沢ですね。
ペダルレイアウトを考えた設計らしい。効果はよくわからない。 後部座席はそんなに広くない。スイフトよりは広いかな。
トランクルーム。結構広い。シートも倒せます。
シート倒すとタイヤが4本積めます。
エンジンルーム。ぎっしり詰まった感じ。
オイル交換推奨は15,000km毎(標準)。

車両形式 DBA-BM5FP
車体寸法L*H*W(WB) 4,580×1,795×1,455(2,700)
車両重量 1,250kg
乗車定員 5名
サスペンション 前 マクファーソンストラット/後 マルチリンク
エンジン P5-VPS型(4気筒DOHC1,496cc) 82kW(111ps)/144Nm(14.7kgm)
最大積載量 ---

主な装備


この車、標準で、低グレードでも安全装備満載です。5年間で安全に対する考え方は大きく変わったんですね。かなりびっくりです。
走りに対しては、ボディは大きく車体も重いのに、1500CCのエンジンなのでそんなに期待していませんでしたが、いい意味で裏切ってくれました。スイフトほどではないですが、通常の速度域ならキビキビと走ってくれます。MTもすかすか決まって快適です。
そのうえ燃費も悪くない。マツコネが18km〜19km/リットルという表示を出すので、「またまたそんな・・」と思っていたら、満タン法で計算しても本当にそのくらい走ります。これにはびっくりです。2,000rpmを超えないように走ると、20km/リットルを超えることもあります。
しかし、高速道路は苦手かな。坂道はシフトダウン必須、80km/h以上で走ろうものなら、燃費も落ちます。エンジン回さないと走らないから仕方ないかな。
乗り心地は、ホイールベースの長さとトレッドの広さ、サスペンションの頑張りもあって、快適です。長距離走っても疲れない。

あえて難を言えば、
マツコネナビは「並行した立体道路」のナビが苦手らしい。何度もおかしな誘導をしてくださいました。
いろいろな機能の調整・変更がマツコネからできるけど、逆にコンピューターがトラブったら、車自体が動かなくなりそうでなんか怖い。機械的寿命よりも電子部品の劣化でダメになるのかな、今からの車は。
ボイスコントロールは、定められた「コマンド(音声命令)」で使わないと機能しません。今後のAIの進化を待つしかない。

購入から2ヶ月で6,000kmを超えました。このペースで行くと、初回車検時に10万kmを迎えそうですね。
30万kmを目指して乗り続けましょう。


車Topへ