マツダ ファミリア


平成元年に就職した職場の先輩に「タダ」で戴いた車両。よく売れたファミリアFFハッチバック3ドア。すでに10万キロ以上走行していたにもかかわらず、快調な走りを見せていました。が、平成2年に不測の事態により破損、やむなく廃車に。

写真はマツダのHomepageから拝借

主な装備(元の持ち主がつけたものもあり)


エアコン効かない、ハンドルねばねば、タコメーターたまに動かない、ラジエータから水漏れ(一度空で走ったこともあり。トンネル内でエンスト、それでも壊れなかった)など、思い出は多い車です。壊れたときには次もファミリアにしようかと考えたくらいでした。

車Topへ