98年7月25日の豪雨

増水した江川川と水没した村道。権谷小学校前
 98年7月25日、西土佐村は「フェスティバル西土佐」の最中でしたが、突如として襲われた豪雨により、近年まれにみる大災害となりました。最大時間雨量約70mm、連続雨量400mmという大雨で村内の中小河川があちこちで氾濫し、土石流、崖崩れ、護岸流失、道路斜面崩壊、地滑りと大きな被害にみまわれました。あちこちで村道が通行止めとなり、今なお通行が自由にできない地域があります。この時の雲が後の新潟での豪雨も引き起こしました。本当に今年の雨はすごかった。


野稲尻鉄道下BOXより吹き出した土石流。さらに鉄道の道床バラストまでも流失


藤ノ川藤の井での土石流。復旧にかなり時間がかかりました。


用井寿荘上の擁壁にクラック(ひび)。上部斜面の地滑りによるもの。
98年9月7日現在でも、崩壊のおそれがあるため通行時間制限がされています。


本村保育所前の川。対岸の農地と橋が流失。


江川平野橋より下流。まさかここまで水があがるとは。


村道滝ノ奥線が決壊。もし通行者がいたら・・・


まだ今年は台風も来ないうちに、公共土木施設(道路、河川)災害件数が100件を超えました。被害額約5億円。私は夏休みはおろか土日も休めず働いております。もう今年は台風はいらんぞー。