発泡酒・新ジャンル

酒税対策で生まれたこのジャンル、メーカーさんの努力でお味もビールに近づきつつありますが、税制改革でこの先どうなりますやら。
一部銘柄は「その他の雑酒(醸造酒)」なんて表記でしたが、今時の新ジャンルは「リキュール類」と書いてあります。原材料は「発泡酒」と「リキュール」と「炭酸ガス」か。一時はアルコール度数9%とかとんでもないのものも出ていましたが、度数競争は落ち着きつつあるのかな。
このお酒も流行廃りが激しい分野ですね。定番化しないものは消えていく運命にあるようです。
発泡酒は「塩辛い」「ちょっと違う味がする」ので、ちょっと苦手なんですけど、新ジャンルは「まあまあ」いけるかもしれない。まあまあですけどね。
でも、こればかり飲むのは飽きるかな・・・。

新ジャンル

ザ・リッチ

(アサヒビール)

プレミアムに近い飲み応えをうたっているお酒。
確かに、アルコール感とかきつい感じはしませんな。

こんなのだしたら、「クリアアサヒ」はどうなるのかしらと要らぬ心配です。

あわもちも意外とよかったな。
 極上

(アサヒビール)

同社の「スーパードライ」を思わせるデザインですが、お味はちょいと違うね。

よくいえば、さらにすっきり感が強い。
悪くいえば、味もコクも香りもビールとは遠いのかな。

スーパードライを想像しながら飲むことは難しいかな。
クリアアサヒ

(アサヒビール)
アサヒビールを代表する新ジャンル。

初めて飲んだときには、結構ビール感があるなと思いましたけど、いろいろ後から出てきたのが・・。
なので、ビール感は薄れています。

割切って飲みましょう。
ビールみたいに泡が出る琥珀色の飲み物です。
BEERY
ビアリー

(アサヒビール)

 いままでになかった、「微アルコール」のビアテイスト飲料。

アサヒビールは「微アルコール」という新ジャンルをつくったのかな。
HPによると、ビールから脱アルコールし、製造するという製法らしいです。

味もノンアルや海外の微アルコールとは違い、本当にビールみたいな風味です。
でもちょっと酔う感覚はありますね。
(注意書きがしてあります)

値段も割と安いし、平日の夕食の共はこれがいいのかもしれない。
     
サントリー
ブルー

(サントリー)

エール酵母で仕込んだというお酒です。
確かに、エール的な香りがしますね。
しかしコクや苦みまではさすがに再現できませんね。

当たり前か。

クラフトビールに疲れた方にどうぞ。
金麦

(サントリー)

 このジャンルではサントリーのロングセラーになっているのかな。
初めて飲んだときには、「まるでビールだ」と思い込んだ(だまされた)。
香りや苦みはそんなにないけど、昔売っていたMDとかに比べると雲泥の感じでしたね。

たまには飲んでみよう。
     
本麒麟

(キリン)

ビール感はけっこうするんですね。贅沢言わなければ大丈夫です。

ちょっとアルコール感がきつい感じかも。
ビール的な香りまではしませんね。

同社のどごし生よりは泡持ちもいいし、ビール感があります。
のどごし生

(キリン)

売れているらしい。
何回飲んでもビールとは思えない味です。
よくよく原材料を見ると、ホップは使っているけど、あとは糖類と大豆たんぱくという飲み物です。

麦を使ってないんですね。ビールの味がしないわけだ。
あわもちもよろしくないです。このあと、泡はすぐになくなってしまいました。

ビールのような別の飲み物ということですね。キリンさん。
ある意味割り切りがすごいかも。
 淡麗極上〈生〉
(キリン)
   発泡酒の王道か。
前はよく飲んでいたこともありましたけど、味の違いに気づいて離れていました。
久々に飲んだら、これはこれでありかなと思います。

ビールではない。
ビールに近いビアテイスト飲料だな。
飲み比べて見てください。
ホワイトベルグ
(サッポロビール)

クラフトビール系の味です。
白ビールの風味、香りがします。

ベルギー産麦芽、小麦麦芽、コリアンダーシード、オレンジペール使用

リキュール類と呼ぶには、ちょっともったいないですね。