ノンアルコールドリンク

アルコールに疲れた体?には、優しい飲み物。最近いろいろ出ていますね。

ノンアルコールビール、ビアテイスト飲料

零イチ

(キリン)

キリンの人気ブランド、一番搾りに似た外観。
味はさすがに似てませんね。

酸っぱいし、カラメル感がある。
 ドライ ゼロ

(アサヒビール)

 アサヒビールの代表選手、スーパードライに似た外観
味は、さすがに似てません。

他と比べるとビールに似ている感じかな。
でも、酸っぱさとカラメル感が・・・。
まあそんなもんでしょう。
オールフリー

(サントリー)
 
 白を基調としたパッケージデザイン。
シリーズは数種類あるようですが、ベーシックなものを飲んでみました。

さすがに泡立ちはよくないけど、そんなに酸っぱさは感じません。
材料があまりビールと離れていないせいかもしれません。
(個人の見解です(^_^;) 詳細は不明)
 麦のくつろぎ

(サッポロビール)
   これも「プレミアム感」はない、大豆ペプチドとかよくわからない原料で作られている飲料。
でも、香りは「ヴァイツェン」的な芳香がありました。これは意外。
香料の仕業なのかもしれませんけどね。
泡立ちはさすがによくないですね。泡もちも悪いです。

でも香りで「もう一回買いたいな・・」と思ったノンアルです。
だまされたのかもしれない。
サッポロプレミアム
アルコールフリー

(サッポロビール)
 
 ちょっとプレミアムなノンアル飲料。
原材料には麦芽、ホップ、酵母とビールと同じ材料を使っています。
お値段も他のノンアルよりは多少高いですね。
うちの近くのスーパーやコンビニ、ドラッグストアなどでは、残念ながら取扱がない。
なので通販で購入しました。

お味はどうか。
国内ノンアルの中ではもっともビールに近い味がします。
ちょっと酸味は感じますが、自然な甘みもあり泡持ちもいいですね。

買って損はしませんな。
     
ホッピー

(ホッピービバレジ)

元祖ビアテイスト飲料。
はたして「ノンアル」かというツッコミや議論はあるでしょうが、
一ジャンルを築いているのは事実です。

本来は焼酎を割って飲むものらしいですが、あえてストレートでいただきました。

薄いな・・・。コクはないね。まぁ、値段も安いので致し方ない。
ストレートで飲むには物足りないかもしれません。

黒もあります。
     
 龍馬1865

日本ビール株式会社
 
 その昔、宝酒造が「バービカン」というのを作っていましたが、その製造権をタカラが売って
日本ビールという会社が販売しているようです。

バービカンの味は忘れてしまいましたけど、麦芽とホップで製造しているノンアル。
混ぜ混ぜ感はないのかなといいつつも、国内のノンアルに近い味ですね。

もっとビールらしさがあれば文句なしですが・・仕方ないか。
ヴェリタスブロイ

原産国:ドイツ
 
ビール純粋令の国で作られたノンアルコールビール。
日本のノンアルと違い、醸造過程を経たあとアルコールを抜いています。
なので、麦芽・ホップ・水が原料。

さすがに「ビール」といえる味ではないけど、そんなに酸味もなく味気ないものではない。

やや薄めの「サントリーモルツ」みたいな風味かな。
泡がきちんと出て、ビールらしい泡です。
箱買いしたら、お手軽な値段です。
クラウスターラー

原産国:ドイツ
 

 これもビール純粋令の国で作られたノンアルコールビール。
日本のノンアルと違い、醸造過程を経たあとアルコールを抜いています。
なので、麦芽・ホップ・水(プラス炭酸ガス)が原料。

これは、なかなかいける。
薄味でもなく、酸味も少なく、知らない人なら「ドイツのビール」で納得するかもしれない。
(それは言い過ぎかもね(^_^;))

海外ノンアルのなかでも秀逸です。
いいのを見つけてしまった。
ウエストエンド
エクストラライト

原産国:オーストラリア

ビール純粋令の国ではないけれど、麦芽とホップで作られたノンアルコールビール。
実は、厳密にはアルコール分0.0%でなく、1%未満という「低アルコールビール」という扱いです。
ホッピーと同じだね。
なので、「飲んだら乗るな」とか「子供には飲ませるな」なんて注意書きも書いてます。
お味はホッピー的な感じ。
甲類焼酎入れて飲んだら、正にホッピー。
ブローリー
プレミアムラガー

原産国:オーストラリア
麦芽、ホップ、糖類でつくられたノンアルコールビール。
これもアルコール分0.0%ではなく、0.9%以下というローアルコール製品。
でも国産ノンアルとはひと味ちがいますね。
泡もきちんと出ています。

薄味のビールというかんじ。飲み過ぎると本当に酔うかもしれない。