ウイスキー(スコッチ、バーボン、アイリッシュ)

洋酒(ウィスキー、スピリッツ、リキュール類)も嫌いじゃないです。どれも度数が高いので、ちびちびやりましょう。
どれもうまいけど、飲み過ぎると翌日大変です(>_<)
 スコッチウイスキー  
ラフロイグ
10年
シングルモルトのくせ者
薬品のような味が、クセになります。
もちろんストレートでやりましょう。
ラフロイグ
クオーターカスク
クオーターカスクとは、
通常の樽の1/4の大きさの樽で熟成させたお酒だそうです。
10年ものよりまろやかです。
グレンフィディック
12年
シングルモルト。
値段が安かったので買ってしまった(^_^;)。
淡麗、あっさり、でもちょっとフレーバーあり。
あっさり加減がいいのかも。
シーバスリーガル
12年
ブレンデッド。
可もなく不可もない感じ。
 ティーチャーズ
ハイランドクリーム
   ブレンデッドウィスキーの定番らしい。
「D」で安売りしていたので衝動買いしました。

さすがに香りはあまりない。
刺激的な味と、スモーキーさが残ります。
「ハイボールにおすすめ」とありました。

ストレートで飲むのは合わないのかも。
(とかいいながら、ほとんどストレートで飲んでしまった)
ティーチャーズ
セレクト
   お手軽価格で購入できる、ティーチャーズ。
セレクトというのが出ましたが、ハイランドクリームとは味わいが異なります。

そんなにスモーキーではない。
宣伝どおり、確かに甘みがある。

どちらを選ぶかは、お好みですね。

ストレートでも、もちろんハイボールでも美味しくいただけます。
カティーサーク    これも有名なブレンデッドウイスキー。
ラベルは変わっていないけど、ボトルの形が変わったのかな。
味はそんなに「スモーキー」さはありません。
クセもなく飲みやすい感じです。
昔は水割りでごんごん飲んでいたんだね。ちびちびやろう。
 クレイモア   最近安売りしているスコッチです。
なじみはなかったけど、値段に負けて買ってしまった。

スモーキー系ではなく、あっさりした感じかな。
アルコール感のあとに、後味として甘みが出てくる。
カティーサークに似た系列かもしれない。

あまり個性は感じないので、次はないかも。
アードベッグ
TEN
  世界一強烈なアイラモルトと評判の高いウイスキーです。

ピート感とスモーキーさが強烈です。
ピリッとしたアルコール感もあります。
飲んだら最後、しばらくは口の中が磯の香り。
色はそんなに濃くないけどね。

好き嫌いはかなり分かれそう。

お値段はそんなにお手軽ではないな。
ちびちびやりましょう。
ホワイトホース このお酒も有名すぎて、自分で買って飲んだのは初めてです。
キリンが扱っています。
値段もすごくお手頃です。

お味は特にどうこう言うものではありませんな。
ストレートでも飲めなくはない。
でもハイボールとか水割りが飲みやすいのかな。
写真を撮ったあとに、ハイボールにしたらすごく感じが変わった。

年を取ったら、バーボン系よりスコッチ系がホッとするかな。
バランタイン
ファイネスト
 これも有名なお酒です。
若かりし頃にも買って飲みましたけど、覚えてないな・・。
キャップがプラで開け閉めしやすくなってます。
それよりも値段にびっくり。実売1000円してません。
これを撒き餌にして、上のクラスを買わせるということかもね。

お味はいたって素直です。
スモーキーではありません。
ストレートでもハイボールでも美味しくいただけます。
ジョニーウォーカー
ダブルブラック
  ジョニーウォーカーなんて、一昔前は雲の上の存在だったような。
それが今は非常にお手軽に手に入ります。

ジョニ赤、ジョニ黒を飛び越えて、ダブルブラック。
キリンのHP(Drinx)から購入しました。
まだグリーンとかゴールドとかもあるようですけど
この特徴的なボトル、いいですね。

お味は、もちろん文句なし。
スモーキーですけど、ただもん煙たい訳ではない。
甘みや深みが迫ってきます。

一度お試しあれ。

次はジョニ赤から始めてみよう。
ジョニーウォーカー12年
シェリーエディション
  ジョニーウォーカーブラックラベル12年の
シェリー樽熟成エディション。
KIRINのDrinxで購入しました。

ダブルブラックほどスモーク感はなく、スムーズな感じです。
そもそも「シェリー酒(強化ワインらしい)」なんて飲んだことないから、
感じがわからない!

クセはなく飲みやすいお酒です。
ジョニーウォーカー15年
グリーンラベル
 これもKIRINのDrinxで購入しました。

モルト原酒だけをブレンドしたものなので、原材料はモルトのみ。

お味はどうか。

くせはなく、スモーキーな感じもあまりない。
すっきりした味わいですが、深いね。

恐るべし、ジョニーウォーカー。
 ジョニーウォーカー
レッドラベル
   やっと買った、ジョニウォーカーの赤ラベル。
キリンが国内販売しています。
もうスーパーとかディスカウント店ではおなじみのものかもしれませんが、
昔は「ジョニ赤」と呼ばれて一般庶民の手の届く代物ではなかった時代もあったと伺っております。

お味は至ってスムーズ。煙臭さもなく、すっきりした飲みやすさ。
さすが世界一売れているブランドだと実感。

やはり恐るべしジョニーウォーカーです。
庶民に優しいスコッチだね。
 ジョニーウォーカー
ゴールドラベルリザーブ
   キリンのDrinXで購入。
ジョニーウォーカーらしく、飲みやすいけどちょっとスモーク感もある。
でも柔らかい。そんな感じです。
世界で愛されるお酒という理由がわかるような気がします。

ハイボールではなく、ストレートでちびちび飲みたいね。
梱包も豪華でした。
ジョニーウォーカー
レッドライフィニッシュ
  ジョニ赤の限定版です。キリンのHPで購入。
熟成の最後にライウイスキーの樽を使用したとのこと。
確かに、スコッチ的な味わいより「バーボン」的な味・香りがしました。
アメリカンウイスキーが好きな人にはお勧めです。
ジョニーウォーカーらしい味わいが好きな人には、ちょっと違和感あるかもね。

お試しください。
デュワーズ
ホワイトラベル

 お手軽スコッチ。
歴史は意外と古いようです。
ハイボールがおすすめとのことですが、ストレートでもいけます。

すっきりあっさり系のスコッチ。
杯が進むね。
ホワイトアンドマッカイ
スペシャル
  あるサイトでは、深みのあるコク・味わいとあります。

変にとがっていないので、飲みやすいお酒です。
逆に万人向け過ぎる感じかもしれません。
お値段もリーズナブルです。

ストレートでも、ハイボールでもお試しください。

  アイリッシュ ウイスキー
ジェムソン     
スタンダード
   キャッチフレーズは、世界中で最も愛されているアイリッシュウイスキー。  
個性派かと思いきや、実にあっさりすっきり系。
万人受けする感じです。

ストレートでちびちび飲んでます。
 アメリカンウイスキー、  カナディアンウイスキー
アーリータイムス  
若かりし頃、バーボン、いやウイスキーといえばこれでした。
お手軽なバーボンです。
ストレートでもロックでもOK
飲み過ぎると大変なことになります。

2021年、久しぶりに買いました。イエローラベル。
昔飲んだものより柔らかい感じかな。気のせいかもしれません。
甘みもありますね。
今度はブラウンラベルか。
ワイルドターキー
8年
強烈、アルコール度数50度超!

ロックで飲もう。
メーカーズマーク ロウ(といってもプラスティックですが)で封印されたバーボン。
香り豊かです。
ジンビーム 愛媛県の大手スーパーで購入。
さっぱりとしているが、バーボン独特の風味はあります。
値段もお手頃なので、好きな人はガンガン飲んでください。
ヘヴンヒル
オールドスタイル
 さっぱりとした口当たりとモルトの風味・・
らしいですが、モルト感はよく分からない。
いわゆる「バーボン」的な感じはありますけど、
他の銘柄に比べたら少ないのかな。

お値段もお手頃、どんどん飲んでください。

ハイボールもおすすめです。
     
 カナディアンクラブ    バーなんかでは「CC」で知られたお酒。
あらためて飲んでみると、クセはなくピート臭やスモーク感もない、
おまけに甘みもある飲みやすいウイスキーですね。
これが1,000円程度で買えるとは、良い時代になったもんだ。
ハイボールにも合います。